ネットの墓場で暮らしましょう

ここは残機無制限のインターネット地獄

シノアリスから考える、スクエニ産ソシャゲの酷さと寿命について

スクエニの新作『SINoALICE(シノアリス)』というソシャゲがリリースされ、早速炎上している。


怒涛の表現に困惑するほかない。リリース初日のソシャゲとは思えない惨状。とても今後の運営に期待出来そうもないだろう。

そもそもこのゲーム、4月の事前登録の段階で高付加対応のためリリースの延期を発表している。

この段階で相当酷いスケジュールというのが伺える。
上記のご報告内の動画では、ヨコオタロウから「(リリースは)12月末にしましょう」などの茶番が入っているが、茶番ではすまないのではないだろうか。
このままメンテナンス地獄が続き、リリース初日でサービス終了という素晴らしい記録の樹立すらありえそうである。

さて、そんな渦中のスクエニの新作であるが、インターネットの海を徘徊していると「スクエニ産のソシャゲが酷い」という言説を目にする。それも、そこそこの頻度で。
私自身、スクエニ産ソシャゲに触れたことがあまりないためそう感じることはないのだが、ガチャの渋さ故か、不祥事が多いためか、耳にする頻度は少なくなかった。

ただ、このように自社ソシャゲーをクソゲーディスる試みすらある始末なので、割と認知されていることなのかもしれない。情けないの一言に尽きる。

また"酷い"と一言で言っても、その酷さは多様である。
誇大広告、排出率詐欺、有料アイテムのサイレント下方修正、グーグル検索にかければ枚挙にいとまがない。
その酷さを同じ尺度で扱うのもなかなか難しい、不祥事の数を競うのも一興かもしれないが、今回はサービス終了になったゲームについて注目した。

私はゲームそのものが出来なくなることこそ、ユーザとしてはこれ以上ない酷なことだと考える。
先の謝罪動画のサムライライジングも2017年5月22日にサービス終了の発表があったばかりである。2016年6月2日のリリースから満1年すら迎えられなかったのは本当に悲しいことだと思う。

そんなわけで、配信が終了、終了が確定しているゲームを列挙してみる。

タイトル 配信日 終了日 日数
拡散性ミリオンアーサー 2012/4/9 2015/3/30 1085
ガーディアン・クルス 2012/6/21 2015/3/30 1012
エンペラーズ サガ 2012/9/18 2017/4/28 1683
メルファリア マーチ 2013/9/19 2015/12/15 817
オカルトメイデン 2013/11/29 2014/6/30 213
ガンズアンドソウル 2014/1/30 2014/9/30 243
聖剣伝説 RISE of MANA 2014/3/6 2016/3/31 756
ファイナルファンタジーアギト 2014/5/15 2015/11/30 564
3594e 三国志英歌 2014/10/29 2015/12/15 412
ファイナルファンタジーVII Gバイク 2014/10/31 2015/12/15 410
無限∞ナイツ 2015/1/15 2016/3/31 441
アルカディアの蒼き巫女 2015/3/6 2015/12/17 286
ホーリーダンジョン 2015/3/24 2015/11/30 251
ランページ ランド ランカーズ 2015/7/16 2016/6/15 335
スナックトラックフィーバー 2015/8/27 2016/3/31 217
エンパイア イン ザ ストー 2015/10/29 2017/2/15 475
アリスオーダー 2016/1/28 2016/9/30 246
ぷくっくす 2016/5/31 2016/9/30 122
サムライ ライジング 2016/6/2 2017/7/24 417
ランガン キャノンボール 2016/7/7 2017/4/26 293
天穹のアルクルス 2016/7/21 2017/1/11 174
ジャスティス モンスターズ ファイブ 2016/8/30 2017/3/27 209
ドラマチックRPG 神つり 2016/9/12 2017/7/31 322
協力クイズRPG マギメモ 2016/11/17 2017/6/12 207
SQUARE ENIXのiosゲーム一覧を参考に作成した。GREEやモバゲーから配信されているゲームは排除している。

名も知らぬゲームタイトルからそこそこ耳にしたことあるゲームまで様々だが、終了したゲームの半数以上が配信日から終了日まで1年も続いていないことには驚かされた。
ここまで短命であると、俗にいう「サービス終了したら何も残らないよ?」が頭をよぎる。基本無料とはいえ遊んだものがなくなるのはやはり寂しいと私は感じる。

スクエニ産ソシャゲだからクソだと罵る気などまったくないし、そもそも「ソシャゲが酷い」なんぞ当たり前の話ではあるが、ガチャが酷い、ゲーム性が酷い、とは違った視点で酷さを体感することができた。

きっと、この記事を書き終えるころにはシノアリスのメンテナンスも終わっているかもしれない。そんな淡い期待をもって書き始めたが当分終わりそうになさそうである。